壁作り

こんばんわ003.gif
今日は暑いかと思ったら意外と涼しくてびっくりしました
外ではTシャツでは朝肌寒かったです




a0352357_22530709.jpg
では反対側の壁に移ります
この部分も手を加えます
因にここの壁は船倉アルコープ・バックパネルと言うようです003.gif
全然頭に入ってきませんね076.gif
ここでは「小さい壁」としましょう

この部分も0.5mmのプラ板で作り部屋の内寸を2.5mmほど広げます
この壁はご存知の通り横から見るとくの字になっているので
ソレにならって側面の壁もくの字で切りました

a0352357_23021474.jpg
こんな感じです003.gif
このくの字の角度はデアゴパーツの「フレーム部材」の角度をトレースしました


a0352357_23035798.jpg
壁を2.5mm広げ、さらにくの字にしているので外に突き出しているかと思えば
そうでもありません。
むしろ上部は狭くなりました003.gif
不要部分が干渉するようでしたら切り飛ばしてしまえばいいですね

a0352357_23060563.jpg
そして大きな壁側のパイプ周りのディティール造りです
0.5mmのプラ板で同じ物を10枚切り出し

a0352357_23075540.jpg
2mmの角棒を挟んで壁を作りました042.gif

a0352357_23085611.jpg
さらにプラ板で連結させて出来上がり003.gif
う・・歪んでますね・・・見えませんよ070.gif

a0352357_23105716.jpg
はめ込んでみました
4等分で作ったので最終的なサイズのずれが心配でしたが上手く収まりました003.gif

a0352357_23132684.jpg
そして床面を広げつつ壁のくの字を奥まで揃えられたので
細かいディティールもやり易くなりました003.gif




[PR]
by pan_yy | 2016-05-25 23:23 | デアゴスティーニ ミレニアムファルコン
<< 微調整 主船倉塗装 >>
トップ